昔ながらの結婚相談所の日本仲人協会って知っていますか?

日本仲人協会って知っていますか?

結婚相談所はたくさんあります。
大手の所で日本国内ですと、コマーシャルなんかでも大々的にやっています。

 

ネット上でも、バナー広告としてたくさん表示されているので、一度は見たことのある人は多いかと思います。

 

海外でやっているのを日本語版としてサービスを提供しているところもあります。

 

 

しかし、地味ではありますが、日本仲人協会と言う昔ながらのお見合いと言う形で結婚まで導く相談所もあるのです。

 

ネットで見たことないなあ、と思う方もたくさんいると思いますが、新聞などに小さく掲載されていることが結構あるのです。

 

 

日本仲人協会は、日本全国に広がるネットワークを持っているのが強みです。

 

各地域の、仲人さんたちにより形成される情報ネットワークです。

 

昔ながらの仲人の良さにシステム化された効率のよい縁談のスタイルがプラスされているのです。

 

 

この日本では今では恋愛結婚が主流となる中、敢えてお見合いにこだわっているのです。ですが、その分成婚率もかなり高いのです。

 

では、どういうシステムになっているのかと言いますと、まず、本人かご両親が申し込みます。これはネットか電話で申し込めます

 

そして、入会となります。スタッフが最良の相手を選択できるように案内します。

 

肝心のプロフィールですが、スタッフによりまずは女性会員に男性会員を紹介します。その時に、プロフィールを送ります。

 

 

女性からのお見合い依頼の結果、男性会員からよい返事が得られた時点でお見合い成立となります。
そうして双方に連絡を取り、お見合いの日時を設定します。

 

 

1回目のお見合い後に双方とも良い返事の場合、2回目に進みます。
しかし、このときに気に入ったからと言ってお互いの連絡先を交換は出来ないのです。
必ず日本仲人協会を通じて、連絡先を交換するのです。

 

 

そして、交際がスタートとなります。
連絡先を交換した後の交際期間は3ヶ月です。

 

これは、相手が日本全国、どこの場合であっても3ヶ月です。
そして、3か月を超えることはなく、1か月ごとに相手への気持ちを確認します。決して、仲人が放任することはありません。
メールや電話など、お互いの気持ちを確認しながら話を進めて決めていきます。

 

 

ちなみに、日本のどこの地域がいいのか、エリア指定もできます
日本全国、好きなところに住んでいる人とお見合いすることが出来ます。

 

 

交際期間3か月を経て、本人同士の意思が固まったら、ご両親の承諾を得たうえで成婚となります。

 

 

肝心の費用はと言いますと、大手の結婚情報センターなどと比べるとかなりの低料金です。
大手が数十万円かかるのに対して、こちらは男女ともに税別48,000円です(1年契約で入会時に一括払い)。

 

 

お見合い費用は男性側が8,000円(税別)を負担します

 

 

成婚料は別途発生します。
男女ともに21万円です(税別)。ただし、婿養子の場合は30万円(税別)です。

 

ご両親へのあいさつが終わった時に請求となります。これ以外の支払いはありません。

 

 

また、入会時に必要なものは、身上書、独身を証明する書類(戸籍抄本でも代用は出来ます)、身分証明書、入会金、入会申込書です。そして写真と印鑑です。
写真は証明写真は使えませんが、スナップ写真は可能です。協会での撮影もできます。

 

 

そして、男性側は年収証明書(源泉徴収所のコピーなど)も必要です。女性は必要ありません。

 

こちらでは「結婚を真剣に考えていない人」や、「ただ単に恋人がほしいだけの人」、「仕事をしていない人(男性)」の場合は入会を断る場合もあります。

 

 

ちなみに、20代から70代の会員がいて、30代から40代の会員が多いのです。男女比は、6対4くらいで男性側が若干多いです。

 

 

これが、日本仲人協会の仕組みです。
低料金で、いい人を見つけたいという方はこちらを参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

結婚相談所の比較ランキングへ