40代になって急激に出会いの少なさを実感したら

40代になって急激に出会いの少なさを実感したら

若い頃は学校やアルバイト先、クラブ・サークルなど様々な場所で多くの出会いがあったことでしょう。

 

社会人になってからは出会いの機会は減ってしまったかもしれませんが、それでもある程度はチャンスがあったはずです。

 

しかし、「40代になってからはめっきりチャンスが無くなってしまった」と感じている人は多いようです。

 

「40代でも素敵な出会いをゲットする為にはどうしたら良いのか」と悩んだら、まずは「いつもと違ったことにチャレンジしてみる」と言うことから始めてみましょう。

 

出会い

 

40代が出会いが無くなったと感じる理由

 

人間の一生で考えれば、40代はまだまだ中盤です。

 

むしろ、成人してからが本物の人生が始まると考えた場合、40代はまだまだ若輩者と言っても良いかもしれません。

 

しかし、実際には40代にもなると「新しい出会い」はおろか、恋愛対象として見てもらえる状況が極端に減ってしまいます。

 

 

一般的に結婚適齢期は男性で30代中盤、女性で20代中盤〜後半です。

 

この時期を過ぎてしまうと、周りからは「行き遅れ」などと言われてしまうことも少なくありません。

 

理由はどうであれ40代で独身のままと言うことは、「何らかの問題があるかもしれない」と敬遠される可能性が高くなります。

 

 

また、「自分自身でライフワークを固めてしまう」と言う影響もある為、ルーティーンの様な日常を送るだけで新しいことへチャレンジする機会が無くなってしまいます。

 

その結果として、新しいコミュニケーションの場を得ることが出来なくなって「出会いが無い」と感じるようになります。

 

パーティ

 

40代が出会いをゲットする為の方法

 

40代であろうと50代であろうと、中には80代になっても素敵な相手と巡り合っている人はいます。

 

「そんなチャンスは無い」と感じている人と、「世の中はチャンスであふれている」と感じている人との最も大きな違いは、間違いなく「毎日をどのように過ごしているのか」です。

 

 

40代だからと言って守りに入ってしまうのではなく、常に新しい刺激を求めて行動することが出来ていればチャンスはどんどん広がっていきます。

 

朝起きて会社に行く、お昼を食べる、時間になったら退社して行きつけのお店で一杯ひっかける、帰宅して就寝するといった儀式的なルーティーンを繰り返しているだけでは、チャンスが巡ってくる可能性が無くなって然りです。

 

 

いつもと少しだけ違った日常を送り、新しい時間をどのくらい過ごすことが出来るのかが出会いには大きな影響を与えます。

 

「今日は少しだけお洒落なバーに行ってみよう」とか、「部下を誘ってダーツバーにでも行ってみよう、ビリヤードをしてみよう」と言う風に「変化」をつけてみるとチャンスが巡ってくるかもしれません。

 

チャンス

 

どうしてもだめなら「婚活」もあり

 

ここ数年、様々なメディアで「婚活」と言う言葉が使われる様になりました。

 

要するに「結婚相手を見つけるための活動」の略称なのですが、結婚相談所などを利用する人が非常に増えてきています。

 

また、「街コン・村コン」と言ったコンパも色々な場所で開催される様になってきているので、こういった催しに参加してみることも良いでしょう。

 

 

いきなり直接のコミュニケーションは気が引けると言うことであれば、ネット婚活から始めている方法もあります。

 

ネット上、いわゆるSNSに近いシステムを利用して気に入った相手とマッチングを狙うことが出来るのですが、リアルでは無くネット上のヴァーチャルな空間でのコミュニケーションと言うことでお互いに気兼ねなく接することがしやすくなります。

 

 

結婚相談所は高額な費用が必要になりますが、ネット婚活であれば数千円程度で済むと言うリーズナブルさも魅力の一つです。

 

 

結婚相談所の比較ランキングへ