婚活パーティに行く際のファッションってどういうものが好まれるの?

婚活パーティに行く際のファッションってどういうものが好まれるの?

婚活パーティーで、自分を売り込むためには、ファッションを工夫する必要があります。

 

場にそぐわなかったり、あまりにも派手すぎるとただただ痛い人となってしまいますのでやりすぎには注意が必要です。

 

 

ポイント1

清潔感のあるファッションにする。

 

どのようなファッションにしようと、婚活パーティーにおいて清潔感のないファッションはダメです。

 

汚れ、ほつれはもちろんのこと、シワにも気をつけましょう。

 

服の素材によってはシワになりやすいものもありますので、座り方などに気を配りましょう。

 

自分では意外と気がつきにくいのはニオイです。

 

洗濯をしていないなど論外ですし、特に、ペットを飼っている人、タバコを吸う人は要注意です。

 

一緒の家に住んでいると麻痺しているかもしれませんので、家族ではなく信頼できる同性の友達にお願いして教えてもらいましょう。

 

イヤなニオイを消すために香水を使う人もいますが、婚活パーティーでは食事を伴うこともありますので、決してつけすぎないようにしましょう

 

 

ポイント2

万人受けするファッションにする。

 

婚活で成功するためには、より多くの人に興味を持ってもらうことが大切となります。

 

男女とも、自信がない場合はアナウンサーの服装を参考にすると良いでしょう

 

また、お店の人に実際に「婚活パーティーに行く」ことを伝えてアドバイスをもらったり、お洒落な友人に買い物に付き合ってもらってもいいでしょう。

 

多くの人と出会う婚活パーティーでは奇をてらった格好は不要です

 

また、分不相応なほど高価な洋服やジュエリーで着飾ると、お金のかかる人だと思われたり、誰かに買ってもらっているんだろうかとあらぬ疑いをかけられたりしますので、注意です。

 

 

ポイント3

場にあったファッションにする。

 

最近の婚活パーティーは立食パーティーのようなものだけでなく、様々なイベント性を持たせたものも多くなっています。

 

どのような婚活パーティーであろうと、場にあったファッションをすることが大切です

 

例えばバーベキューの婚活パーティーに、ドレスやハイヒールで行けば、まず同性から顰蹙をかってしまうでしょう。

 

男性の中にはそのような女性に気を使い、汚れるからと作業を免除していそいそと肉を届けるような人もいますが、本気で結婚を考えている男性はそのような女性を選ぶことはほぼありません。

 

イベントを伴う婚活パーティーは、夫として、妻としてきちんと対応できるかお互いに見定める場でもあるからです。

 

バーベキュー向きの働きやすい服でもおしゃれをすることはできますし、何より周りの人と協力して笑顔でテキパキと働くこともであなたの魅力を発信することができます。

 

 

●ポイント4
ファッションが全てではない。

 

いくらファッションが完璧でも、笑顔もなく会話も続かないようでは、せっかく婚活パーティーに参加しても誰とも連絡先を交換できずに終わってしまいます。

 

婚活パーティーでお相手を見つけたいと思うなら、ファッションだけでなく、自分の仕事をがんばったり、様々なことに興味を持って幅広い話題に自然に対応できるように努力することは必要不可欠です

 

また、自分が話すだけで相手の話を全然聞かないというのも問題ですので、聞き上手な人を観察するなどし、上手に聞くスキルを取り入れてみましょう

 

婚活パーティーではある程度結婚観や将来についてビジョンを持っていた方が、マッチする相手に出会える可能性も高くなりますので、今の自分の状況に合わせてゆるく考えておくといいですね。

 

あまりにきっちり決めすぎると相手に引かれてしまうので、あくまでも2人で作り上げていく姿勢を忘れないようにしましょう。

 

ちょっとしたことに感動できるなど心の余裕も人としての魅力につながりますので、ちょっと心に余裕がないなという人は深呼吸して周りの自然に目を向けてみるのも良いでしょう。

 

結婚相談所の比較ランキングへ