年収が婚活の一番のキーポイントになることは、必須です

年収が婚活の一番のキーポイントになることは、必須です

婚活サイトなどで婚活を行う場合、特に男性の場合は婚活の時には年収が重視されます。
年収を重視する女性は下品、という考え方もありますが、これはもう仕方のないことでしょう。

 

婚活と年収

 

この理由ですが、実はとても単純なことです。男性の中にはこのような考え方が嫌いだという人も多いのですが、女性の求める条件をよく考えるといい人に出会えるかもしれません。

 

・年収の低い人と結婚する理由はない

まず、基本的なこととしては「わざわざ年収の低い人と結婚する理由がない」ということがあるでしょう。
これは女性なら誰でもそう考えることですが、わざわざ好き好んで年収の低い人と結婚する理由などどこにもないのです。

 

 

年収の低い人を好きになって結婚するのであれば、愛情や性格面などで十分カバーできる可能性があります。ただ、これは恋愛を経由した結婚の事例で、婚活という特殊な環境下では、わざわざ年収の低い人を選ぶ理由はないのです。

 

 

婚活では様々な人と出会います。中には年収が1000万円を超えるような収入の人もいるでしょう。

 

そんな人とも頑張れば出会えるところで、わざわざ年収の少ない人を好き好んで選ぶ理由などどこにもありません。将来的に優雅な生活がしたい女性ほどこの傾向は強くなっています。よく考えるといいでしょう。

 

・自分も収入があるのだから、せめて相手にもと求める

次に、今の女性は昔の女性とは違い、自分でもちゃんと収入があるのです。

 

まともに働きいくらでも稼げるのですから、その時に相手にもある程度のものは求めます。この時、自分より低い金額を求める女性はまずいません。大体の場合は自分より上を求めますし、場合によってはとても大きな金額を求めるものでしょう。

 

特に自分でも稼げる金額以下しかないと「情けない」と思う女性も少なくないのです。

 

 

このため、相手にもある程度の水準は求めます。
特に女性は妊娠・出産で収入がなくなる時があります。産休後に働けなくなる可能性もありますし、子供がいればシミュレーション通りに行くことは少ないでしょう。

 

 

このため、どうしてもある程度の収入を求めてしまいます。この点は婚活やその先を見据えて、堅実に考えた結果なのです。

 

・それ以外をアピールできる機会が少ない

また、今の時代の婚活はどうしてもある程度スピード感を重視しますから、どうしてもそれ以外の部分、つまりスペック以外の部分をアピールできる機会が少ないのです。

 

内気でも収入が大きければ婚活で理想的な相手と出会えるのはこの理由もあります。今の婚活はスペックで選び、結婚する可能性がとても高いサービスとなっているのです。

 

 

恋愛結婚ならば、出会って恋をしていく中で、人柄やそれ以外の様々なところをアピールできます。このようなところで収入が少なくても他の部分でカバーできるのです。

 

ただ、婚活ではそのような他の部分をアピールできる機会が少なく、人をどうしても数値で判断しやすいもの、肩書などで判断しやすいところで判断してしまいます。この点は仕方ないことでしょう。

 

・そんなに高い収入が必要なわけではない

とはいえ、この場合はそんなに高額な年収が必要なわけではありません。
もちろん高ければ高いほど良く、またいい収入の人にはそれだけハイクラスで美人の女性が集まる傾向があります。ただし、これはあくまでも傾向に過ぎません。

 

 

ある程度、自分の身の丈に合った人であればいいというのなら、実は可能性は高いのです。変な高望みをせず、ある程度どのような人がいいかを客観的に見ることができれば、高い収入は必ずないといけないというものでもありません。

 

 

 

ただし、人にはうぬぼれがありますし、自尊心があります。特にある程度年齢を重ねると条件が厳しくなってくる傾向があるのです。こじらせる人もいるでしょう。

 

このため、できれば婚活で結婚相談所を利用して、その時に「自分だとどのくらいの女性が妥当なのか教えてほしい」と教えてもらうようにしましょう。客観的に見て自分はどういう人と釣り合うのか、ということを教えてもらいましょう。

 

結婚相談所の比較ランキングへ

婚活サイトや結婚相談所の現状

婚活サイトについては「株式会社 結婚情報センターノッツェ」に無料査定に行きました。

 

それ以前は私の結婚診断結果が知りたいだけでサイトのアンケートに答えたのですが、結果診断メールは出ずにそのまま仮登録という形で無料相談メールや電話が引っ切り無しでした。

 

あまりにしつこかったので時期を見て、丁度婚活に良いだろうというタイミングを見て足を運びました。

 

が、平日の為かとても室内はガラガラ...土日や祝日は満員混雑になるとの事です。

 

相談所の役員は仕事慣れしてるからか、親しみを込めた接待をして頂きましたが。
サイトを見る限りでは、幸せに結婚まで漕ぎ着けた様には見えませんでしたし、役員も未婚者が居ました。

 

はっきり言って、役員が幸せでないとその申し込み希望者も幸せになれないと思います。

 

その後も登録後のサイトの利用の仕方やイベントなどある等ご丁寧に教えて頂きました。

 

が、やはり結婚相談所に来る方々の顔つきから見るとどれも幸せそうに見えない...。

 

幸せ=結婚すれば幸せになれる、という固定概念が日本にはある現状が切なく感じました。

 

とどめだったのが相談員直属に『周りに男性と出会い、遊べる場所があると良いですね』といった感じの、接客を諦めた会話に変わってしまったのが痛かったです。

 

もう少し役員も結婚にフォーカスするだけでなく、周りの視点で結婚まで漕ぎ着けるメリットをアピールしないと現状今の日本人の体感満足は得られないと感じました。

 

結婚相談所の比較ランキングへ

結婚目的じゃなく女性を集めている人がいました。

結婚情報センターオーネットで有名なところでした。

 

情報を提供され選んでゆくシステムでした(当時は)。
良い人がいたのでお会いする事になりました。しかし、結婚の意志が見えなく。

 

何故、婚活しているのかを尋ねると「女性集め」と言い出したので唖然としました。

 

女性との出会いがないので、あちらこちらのサイトや情報センターに登録しているとの事でした。
どれだけお金使っているんだろうと呆れる部分もありました。

 

よくよく聞いてみると、入会して一定期間はクーリングオフができ、入会金の半分以上が戻るシステムがあるから、いつもそのタイミングで退会してお金は取り戻している。
そのお金で次の情報センターやサイトを利用すると言っていました。

 

そんなに女性を集めて何が楽しいのだろう・・・

 

ご本人は34歳男性。身長165cm。やや太り気味。顔はそこそこイケメンに見える方でした。

 

しかし女性が求めている身長に比べるとあまりにも低いので、いつも小柄な人に申し込みをしているとか。
しかし、小柄な女性は身長の高い男性を望んでいるから難しいと話していました。

 

女性集めの本心を聞くと。
一人暮らしで寂しから、囲えるだけの女性がいれば、寂しい時いつでも相手をしてもらえるからとも話していました。

 

こんな目的で、システムまで利用して。
もう、32歳にもなる男性が遊び感覚で大手を利用しているとは驚きを隠せませんでした。

 

こういう人も中にはいるので、気を付けてください。

 

結婚相談所の比較ランキングへ