気持ちを伝えなければわかってもらえるわけがない

気持ちを伝えなければわかってもらえるわけがない

結婚相談所利用者

私は、とある結婚相談所の相談員をしています。

 

色々な独身男女がいらっしゃいますが、モテるのになかなかお付き合いできないという女性がちらほら目立ちます。

 

まず、かわいらしいのでお見合いの申し込みがよく舞い込んできますので、出会うことはできています。

 

次に、会ってみてそれなりに品があり、会話もできて相手に合わせることができるので大抵相手に気に入られます。

 

問題はここからです。
連絡先を交換してもっと相手との距離を縮めようという段階で、メールのやりとりや電話のやりとりが始まります。

 

一週間経つか経たないうちに、女性の方から「お断りしたい」と話されるのです。

 

理由を尋ねますと、

 

「メールの回数が多い」
「メールを送ってくる時間が深夜だったり早朝だったりして非常識」
「メールの内容がないので返信に困る」
「毎日電話されても話すことがない」
「メールでの内容が非常識・不愉快」

 

などの回答が返ってきます。
そこで、相手にそう感じたことを伝えたかどうかを尋ねると、どの女性も伝えていないというのです。

 

「私の価値観に合わないことがわかった」

 

断る理由はそれだけです。

 

もちろんそれでお断りしてもいいんです。
お付き合いは自己責任ですし、騙したわけでもありません。

 

しかし、なかなかおつきあいできる相手に巡り会わないのは繰り返されてしまうのです。

 

なぜなら、話し合うスキルが身についていないから。

 

誰しも完璧な人などいないことはわかっているでしょう。

 

自分が完璧どころか欠点だらけなこともわかっているでしょう。

 

では、相手が自分に合う人に巡り会うにはどうしたらいいのでしょうか。

 

それは、まず相手に望むことがあるのはお互い様だということを理解することが大切です。

 

自分が相手に望むのと同じように、相手も自分に望むことがあるのです。

 

それがどうすり合わさっていくかは、よく話をして、話を聞いて、価値観の相違があれば共通認識をどこまで得られるのか、一緒に考えていくことが重要です。

 

 

例えば今回のメールについて、深夜にメールやLINEが届くことに問題があると感じたなら、

 

「私は夜遅くに電話をするのは失礼だと教わって育ってきたので、メールなども遅い時間には控えることにしているんだけど、どう思う?」

 

と聞いてみることはできないでしょうか。

 

「まだ一度しか会っていないのに泊まりのデートの提案をしてくるのは早いんじゃないかと思うんだけど、おかしいかな?」

 

メールの内容に猜疑心が生まれれば、突っ込んで確かめてみてはいかがでしょうか?

 

相手の言動を非常識だと切り捨てることは簡単です。

 

しかし、よく知らないうちに切り捨ててしまっては、もしかしたらダイヤの原石を捨てているようなこともあるかもしれません。

 

と言うのは、まだ自分が相手に対して不信感を抱いていることや、してほしいことを伝えていないからなのです。

 

伝えてみて初めて、相手が舞い上がってついうっかりやってしまっていたことに気づくこともありますし、反省して改善してくれるということもあるのです。

 

問題が解決されていくうちに、最高のパートナーとなることも有り得るのです。

 

相手の言動に不満を抱いたものの、伝えることなく見切りをつけてしまうという女性は意外と多いように感じます。

 

 

この他にも、

 

「デートの際、遠距離なのに私ばかり交通費をかけて会いに行くのは経済的に厳しいので断ります」
「彼の方が収入が多いのにいつも割り勘でデートの回数が多いと負担です」

 

というような不満もあります。
その不満は金銭的なこともあり話題にしにくく、配慮してくれるような別の人を探した方がいいと考えてしまうようです。

 

もちろん、相手の事情を察して気を利かせてくれるような方なら最高ですが、一度もそのような問題を臭わすことなく去っていってしまっては、なにがよくなかったのかを知ることもできません。

 

知らないことには、改善の余地もないのです。

 

しかし、もしかしたら一度伝えてみることで問題に気づいて改善してくれるような相手かもしれません。

 

本当は思いやりがあって話し合う度に絆が深まるような運命のパートナーなのかもしれません。

 

気持ちを伝えずに不満を抱えるというのは、相手に心を読んでほしいという無茶な要求でもあると思います。

 

振り返ってみて自分自身は相手の気持ちを考えているだろうか?
そんな視点も大切です。

 

好意を持ってくれている相手ならなおさら好きな人のことを考えて歩み寄ってくれるに違いありません。

 

話してみて、理解してくれるかどうか、話の通じる相手なのかどうか、そのステップを踏まずに見切りをつけるのは本当にもったいないなぁと相談員は思うのです。

 

結婚相談所ランキングに戻る