アラサーの方は焦らずじっくりと婚活をしていいと思うのですが・・・

アラサーの方は焦らずじっくりと婚活をしていいと思うのですが・・・

結婚相談所利用者

女性の結婚ラッシュは何度かありますが、多くは24〜25歳くらい(第1次結婚ラッシュ)、それから30歳直前(第2次結婚ラッシュ)と言われています。

 

学生を終えて落ち着いた頃と、社会人になって仕事の充実を経験した後です。

 

アラサーで未婚の女性の多くは、この「第2次結婚ラッシュ」に巻き込まれる事になります。

 

第1次で結婚しなかった人たちも、ここで結婚を決める人は多いです。

 

アラサーになると、ホルモンの関係や出産のリスクへの本能で、急に子供が欲しくなったり結婚したくなったりという事もあるそうです。

 

 

確かに大昔は医療も科学も発達しておらず、出産で命を落とす女性も多く、「若くて元気なうちに子供を産まないと跡継ぎに困る」という時代がありました。

 

数十年前ですら24歳25歳を過ぎたらクリスマスケーキのように売れ残り扱いされていた時代もありました。

 

もちろん出産にはパワーが必要だし、若い母体の方がリスクが少ない事は変わりません。

 

でも、今はアラサーの花嫁さんや30代半ばで初産なんてことも珍しくない時代です。

 

女性の自由度や社会への進出の常識もどんどん変わりつつあるのです。

 

アラサーで独身だからと言って、肩身の狭い思いをするような時代ではないのです。

 

 

周りに振り回されているわけではなく、単純にそろそろ結婚したい。という理由で婚活をする人もいるでしょう。

 

今までは仕事や趣味が大事だったけれど、これからはもっと別の大切なものを生きがいにしたい・・・。

 

アラサーになると、そんな思いが出始めるのも自然なことなのかもしれません。

 

 

しかしそんな時、絶対に焦って婚活するべきではありません。

 

一緒に遊んだり悩んだり婚活していたはずの周りの友達たちが次々と結婚していって、一人取り残されたようでさみしく感じることはあるでしょう。

 

アラサーに対して「早く結婚しないと」とプレッシャーをかけてくる時代錯誤な人たちも未だに存在することも事実です。

 

だけど、もう若いコとは違う。アラサーだからこそ、自分の幸せは何か?本当に欲しいものは何か?大事なものとそうでないものを、深く見つめなおす必要があるのです。

 

 

アラサーが自分を見失って婚活すると、それこそドツボにはまる危険性があります。周りのアラサー達に巻き込まれて、焦って婚活すること自体、ドツボの入り口とも言えるのではないでしょうか。

 

婚活の場ではほとんどの人が、尊敬し、尊重しあえる相手を探しているはずです。

 

愛し愛され、幸せな家庭を築くことを何より望んでいるからこそ、わざわざ婚活するのです。

 

 

自分の幸せは何か、欲しいものは何かが明確になれば、周りの結婚ラッシュやベイビーラッシュに惑わされることはなくなります。

 

アラサーはむしろ楽しい!そう思えた方が穏やかに過ごせるはずですよね。

 

 

実は筆者もアラサーです。未婚です。
つい先日まで、全く結婚願望がありませんでしたが、ふと「結婚しても良いかもしれない」とぼんやり考えるようになりました。

 

周りは競争のように結婚し出産するし、未婚の友達にも結婚願望のない女性はいません。

 

「年取ってからはどうするの?」と両親の心配もあります。

 

子供のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・もっと言うと生き方のこと。突き詰めていくと、焦る必要は全くありませんでした。
人は人。周りはみんな別人格なのです。

 

自分自身が自分の人格を認めてあげないと、未来のパートナーの人格も受け入れらないと思うのです。

 

他人とひとつ屋根の下になるのですから、じっくり見極めることは当然です。

 

 

どんな相手が良いかな?とワクワクしながら婚活したいものです。

 

本来、新しい出会いは楽しくて嬉しいものだし、アラサーの婚活だからってときめいてはいけない何てことはありません。

 

ワクワクドキドキしながら、楽しんで婚活できると素敵ですね。

 

結婚相談所ランキングに戻る